フィリップ・スタルク

あの衝撃から25年。

フィリップ・スタルク “JUICY SALIF” 今もなお色褪せない名作です。

 

のんびりと地中海の海辺でバカンスを楽しんでいたとき、ふとひらめいたそうな。その場にあったレストランの紙ナプキンにスケッチしたのが、人類史上最もエキサイティングなレモンスクイーザー誕生の瞬間。 

みてくれだけじゃない、機能性もバッチリ!

多少周りがよごれるが、気にしない。

 

若干一名・・・脚を曲げてしまったと・・・おっしゃる方が・・・

どんだけ力入れてんだ?

後で聞いたら、空手有段者らしい・・・

まあ、例外でしょう。

まことしやかに噂されてるのが、スタルク エイリアン説。

確かに地球人の発想じゃないのかも?

なんと!イカだったのか???

今年は発表25周年を記念して、ブロンズ製と、ホワイトで塗装したタイプの2種類がリリースされます。

ブロンズ製は世界で299体限定-シリアルナンバー入りです。

ALESSI における他のスタルク作品は、“WALTER WAYLE 2” 壁掛け時計

 

まったくもってアバウト!

午前か午後か、はたまた夕方なのか・・・がわかれば良い人向け!

几帳面な人には無理!

そして、“DR.SKUD” ハエたたき

 

顔の周りをうるさく飛んでるハエをにらんでます。

“MAX LE CHINOIS” コランダー

“MISTER MEWMEW” チーズセラー&グレーター

 

最後に極めつけ、日本における建築、アサヒビール本社ビル!

 

なんと!金色の ・  ・  ・!

 

 

© 2014 by ASPICE Proudly created with Wix.com