© 2014 by ASPICE Proudly created with Wix.com

マイケル・グレイヴス

「私たちの赤い小鳥は、30年の歳月を経てスーパーヒーロー・ドラゴンへと進化するのです。」

そんなことを言い残して、マイケル・グレイヴスは今年この世を去りました。

亡くなられたのは残念ですが、間違いなくポストモダニズムの時代を牽引してきた偉大な建築家のひとり。

 

そして、グレイヴスは最も多くの作品と功績をALESSIに提供してくれたデザイナーのひとりです。

中でも最もポピュラーな “9093 BIRD KETTLE”

今年は作品発表から30周年です。

 

同じデザインを踏襲した “KITCHEN CLOCK” “KITCHEN TIMER”

ティー&コーヒーのための “プレス式コーヒーメーカー” “マグ” “モカカップ” “シュガー&クリーマーセット”

圧巻は、1983年の展示会で発表された “TEA&COFFEE PIAZZA”プロジェクトにおけるティー&コーヒー・セット

これがグレイヴスとALESSIとの出会いでもあったようだ。

 

銀でできたこの小さな建造物は、あたかも宝石のような輝きを放ち、心地よい住空間を生み出し、そこでお茶を飲みくつろぐ貴婦人をも連想させます。

限定99点、いつか実物を見てみたい。

ステンレスで復刻してくれないかなあ

そして、ついに、ドラゴンが飛び立ちます!

 

その名も “TEA REX”    ~Coming Soon!!

日本におけるグレイヴス建築作品(アート作品)をいくつか・・・

ホテルとオフィスで構成された複合施設 “ハイアットリージェンシー福岡”

ヨコハマポートサイド地区のソフトバンクIDC横浜データセンターの壁面には1500枚のタイルを用いたアート作品 “THE WINDOW”